劇団すごろく 稽古場日誌


4月11日(水)☆高橋貴城

お初にお目にかかります!!新人の高橋貴城(たかはし たかしろ)と申します。
どうぞ、宜しくお願い致します!!       

今日は演出の丹澤先生が不在のため、台本上の疑問点を話し合ったり、
「こういうシーンを増やしたら?」といった提案を出し合ったりしました。
本井さんが原作を参照しつつ、元々の設定や展開を解説して下さったので、
すごくありがたかったです。
台本上に記載されてないことは、前後から推察するしかないわけですが、
その「行間を読む」って言うんですかね?

そういった素養も役者には求められるわけで。
あるシーンの台詞に関して、座長が「感情と感情のやりとりというか、
言葉の流れとしてどうかな?」と仰しゃってました。
台詞ひとつ取っても、その解釈や表現の仕方は人それぞれです。

それを共通の認識にした上で、かけ合いを成立させ、芝居を築き上げていく。
その作業の繰り返しが、舞台をつくるということなのかな、と思いました。
僕も、もっともっと読解力をつけるべく、感性を磨きに磨き抜いていこうと、
改めて決意できました。

また、武士の給料を表す「石(こく)」というお米の単位について。
「一石ってどれくらい?」という疑問から、話が盛り上がりました。
丹羽さんがネットで調べて下さり、「一石は十斗、百升、千合」とのこと。
それを聞いた熊谷さんが「そんなに食べられないよ」と仰しゃってましたが、
一人で全部食べるわけではないですからね……。
ともあれ、ユーモアを交えつつ、脱線しつつ、またひとつ理解が深まり、とても勉強になりました。
次回は、いよいよキャスト発表でしょう。僕、顔に似合わず緊張しぃでして……。
もうドッキドキっす。

それでは、失礼致します。押忍

e0055431_237163.jpg

[PR]
by sugoroku-raimei | 2007-04-11 18:47 | うるさ方

<< 4月13日(金)☆岩渕貴志      4月9日(月)☆星野千寿子 >>

劇団すごろくメンバーによる駅伝稽古場日誌です!!
by sugoroku-raimei
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧