劇団すごろく 稽古場日誌


10月25日(土)★高宮武郎


10/25曇り
この日、私は疲れていた。
いや、私だけではない。
劇団員達が溜め息を吐き、猫背気味にサムラウ(*'-^)-☆稽古場には、澱んだ空気が漂っている。
そう、皆が連日の稽古と作業で疲れていたのだ。
そんな稽古場の片隅で、早稲弁をガサガサかき込む男が居た。
食べる姿にはいつもの精彩さはない。
彼も疲れて居るのだろう。
だから彼が突然「今日、日記ですから」と無遠慮に、そして弁当を食べ終わるか否かの瞬間に、抜き打ちの様に、しかも上目使い気味に投げ掛けた、サクっとした言葉は、私の胸をサクっと射抜いた。そうサクっとね。
彼の名はジョイ(仮)
インリン・オブ・ジョイあっつん(仮)
劇団では中堅所の衣装部、インターネット部、そしてお日記番としてポニョポニョ(*'-^)-☆している。
彼の本名が知りたければ、ぜひ劇場へ足を運ぶ事をお勧めする。
正体が判る筈だ。
彼の名はインリン・オブ・ジョイあっつん(仮)
劇団で稽古場日記を取り仕切る男。


この日、稽古に座長の姿はなかった。
お仕事につきNGだったのだ。
頭からの通し稽古に、頭から登場する筈の座長が居ない。
あの軽快な語りを聴く事が出来ないのは残念だ。
だがそれはそれ、ブチくんが代役として座長の口まねをしつつ語りはじめた。
この日はグランドショーの稽古が長引き、通し稽古に入る時間が遅くなった日だ。通しも中盤、時間ももう22:00頃にさしかかっている。
そしてその時、事件が起きた。
その場に居ないはずの座長がそっと稽古場に入って来たのだ。
気付かずその場をスタートさせるブチくん。
そーっとその背後を取り、ブチくんの後ろに座る座長。まさにその姿は我々に、獲物を狙う猫科の動物を連想させた。
そして、ブチくんが座長の様にことさら真似た芝居で饅頭を食べ、台詞を言った時、ハモる様に座長の声が!
ビクッっと一尺程飛び上がるブチくんに、ニヤリと会釈をする座長。
ブチくんは居るなら言ってよ〜的なハニカミと大量の汗をかきながら袖へ退場。
そのまま座長は悠々と芝居を続けるのだった。

まさにしてやったりの瞬間だったろう。
絶妙の間。絶妙のタイミング。
まさに、仮装大賞の一場面を生で観るがごとし。
腹を抱えて笑う劇団員は、こんな事がちょくちょくあるから、劇団は止められねぇ〜と思った事だろう。
疲れも吹き飛ぶ瞬間である。

さて、この日は本当に皆疲れきっていた。
最後の最後に某ジョイくんが、ちずさんのお着替え中のカーテンの中に突撃を敢行し、これを見事に成し遂げた。
もう一度言おう。
この日は本当に皆疲れていたのだ。
私にはちずさんの鋭い悲鳴と共とジョイくんの「わぁっと!」がまるでデュエットのハモリのように聞えた。

お日記番自らネタの提供をするとは、何と言う精神!
ありがとうジョイくん!最後の最後に、美味しいネタを!
ありがとう!ジョイくん楽しい一日を!
ありがとう!また会う日まで!
e0055431_2345964.jpg

[PR]
by sugoroku-raimei | 2008-10-25 02:14 | 陽炎・稲妻・水の月

<< 10月26日(日)★長井裕則      10月24日(金)坂戸こまつな >>

劇団すごろくメンバーによる駅伝稽古場日誌です!!
by sugoroku-raimei
カテゴリ
全体
落ちてきたアイツ
みそとせ!
シバラク!(再演)
おかげ犬
春告鳥
2013フェスティバル
酔先生のふで
寸前家族
パラダイスより愛をこめて
カネノナルトキ
愛しゃれ指南!!!
洒落・イン・ザ・ダーク
賽の目しだい!!
蝮の長兵衛
星合ひの空
2009フェステバル
平屋騒乱記2
シバラク!
ノスタルジック・カフェ
陽炎・稲妻・水の月
残り香
平屋騒乱記 
うるさ方
フェスティバル
朝風
風光る
あなたが地球にいた頃
雷名
あゝ、義理人城!
おそばに参上
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧